和幸楽器ソロコンテスト

私は初めてソロコンに参加させていただいて、普段は1人でステージに乗る機会がほとんどないので今までにないくらい緊張しました。
ステージは想像以上に自分の所では音が全然響いていないように感じて、練習と違う…と焦ってしまい、普段はしないようなミスもしてしまいました。
また普段狭い中で練習していると気づかない他校の人の個々の技術の高さを痛感して、自分に足りない部分にも気づいたし、バンド全体でも個々の技術をあげるために全員がソロ曲に挑戦して、なるべくなら大会に出れるとバンド全体の技術向上にもなるのではないのかと思いました。
結果としては最優秀賞、教育委員会教育長賞を受賞させていただけたのですが、私はほんとに悔いの残る演奏だったし、自分が受賞するなんて思っていなかったので、大学生になって音楽を続けていたらまた挑戦してみて、今度は自分の納得のいく演奏で受賞したいと思います。
最後に、急なお願いにも関わらず伴奏を引き受けてくれたKさん、たくさん応援してくれた部員の皆さん、指導をしてくださった先生方、その他多くの人々にほんとに感謝しています。
応援ありがとうございました
2年 フルート Sさん

   今回のソロコンテストに参加して感じたこと、それは、
1人で何かをやるということはとても大変ということです。                  
   たくさんの方が、応援してくださって、練習する場所を貸してくださって、私はやりきることができました。本当にありがとうございました!そして、難しいピアノをやってくれた、フルートのOさん、本当にありがとうございました!感謝の気持ちをトランペットの音で伝えられるように、この度学んだことを胸に、また練習を頑張っていきます!
    演奏は悔いのない演奏をすることができたので、嬉しいです。しかし、賞なしという結果だったことは素直にとても悔しかったので、来年は最優秀賞をいただけるように頑張ります!とても勉強になったコンテストでした!ありがとうございました!
1年 トランペット S君